ジャコウネココーヒーを飲んで至福の一時を味わおう

コーヒー豆

幻のコーヒーはどんな味

コーヒー

独特の香りが特徴的

生産量が極めて少なく、世界一希少なコーヒーといわれるジャコウネココーヒーですが、どのような味の特徴があるのでしょうか。ジャコウネココーヒーの一番の特徴は、アロマのような甘い独特の香りと言われています。ジャコウネココーヒーは、ジャコウネコの糞から採取されるコーヒー豆を洗浄して焙煎したものですが、このジャコウネコの糞はもともと麝香のような独特の香りがします。そのため、ジャコウネココーヒーもその麝香のような独特の香りがするのです。味は酸味や苦みが少なく、マイルドで飲みやすいと感じる人が多いようです。独特の甘い香りは飲めば飲む程深まっていき、時間が経っても苦みや雑味がでてこないところが特徴です。ジャコウネココーヒーは産地によってやや中身が違っています。インドネシアで生産されているものは、「コピ・ルアック」と呼ばれています。インドネシアでは飼育しているジャコウネコにコーヒー豆を食べさせて生産しています。ある程度の生産量が確保されるため、比較的購入しやすい値段で販売されています。フィリピンで生産され呈すものは「アラミドコーヒー」または「シベットコーヒー」と呼ばれています。フィリピンではジャコウネコの飼育が禁止されており、野生のジャコウネコが出した糞からコーヒー豆を採取して生産されています。そのため、インドネシア産のものよりも高値で販売されています。また、ジャコウネココーヒーのブレンドコーヒーも多く販売されており、そちらはジャコウネココーヒー100%のものよりもお手頃な値段となっています。