ジャコウネココーヒーを飲んで至福の一時を味わおう

コーヒー豆

希少価値の高いコーヒー

婦人

数が少ないのが魅力

コーヒー業界では知名度も高いジャコウネココーヒーは、日本では100g4000円から8000円程度の価格で販売されており、その生産数の少なさと生産過程のインパクトでマニアの間でも話題に上がることが多いものです。このジャコウネココーヒーの豆は日本で購入すると高いですが、原産地のインドネシアで購入するとコーヒー一杯当たり500円程度で飲めるくらいにお手軽に入手できるため、現地で購入して日本に持ち込むとそのコストは大幅に減らせます。ジャコウネコは、コピルアックとも呼ばれており、このジャコウネコが食べてコーヒーの実の部分を消化して、豆の部分を排泄してコーヒー豆の状態にします。本来は水で洗いながらコーヒーの赤い実の部分を削ぎ落として豆を取り出しますが、ジャコウネココーヒーは水ではなく、動物にその処理をしてもらうことになるため、独特の香りや味が出るようになります。衛生面は排泄された生豆を230度以上で加熱焙煎してからコーヒーとして抽出するため、菌類や糞尿のにおいを気にすることはありません。焙煎の家庭で本来は付着しない成分が豆に付着していることで風味に変化が出ます。このジャコウネココーヒーは高級な豆とされているため、ハンドドリップで入れるのが不安な方も多いです。そんなときには豆の粉砕から自動でできるコーヒーメーカーを利用するのが一番です。高級な豆の抽出で失敗するのは非常に残念なため、失敗の少ないコーヒーメーカーを使うのが無難です。